「在籍確認」「総量規制」がわかりやすい判断基準

0-60

悪徳消費者金融と一般的な消費者金融の違いは、「総量規制」「在籍確認」の2つの面で判断すれば簡単に見分けることが出来ます。まず、悪徳消費者金融を利用してしまう人の傾向には、他の会社からお金を借りている状態でこれ以上お金を借りることが出来ない、審査になかなか通らないという傾向が挙げられます。

悪徳企業はその傾向に付け込んで、「審査が緩め」「総量規制外OK」というワードでこのような人を集めます。まず、総量規制というのは、年収の3分の1以上のお金を貸してはいけないというルールのことです。

このルールは年収の3分の1以上を借りられなくすることで、借金の返済が出来なくなってしまって債務整理をする状態に陥ってしまわないようにするためにできました。ですが、借金を何度もしている人であると、総量規制ギリギリまでお金を借りて、いざ多額のお金が必要になった時にお金を借りすぎてしまいます。

そのために、必要な分のお金を借りることが出来なくなってしまっている人が多いです。そのような人がお金を借りるための最後の手段が悪徳消費者金融であります。確かに急いでお金が必要な時に審査が早くて助かりますが、その分法外な金利を取られたり、借りたお金以上の金額を請求されてしまうこともあります。

自分の身を危険に晒さないためにもこのような企業を利用しないようにしましょう。また、総量規制というワードだけでなく、在籍確認があるかどうかも悪徳企業かどうかを判断するわかりやすい基準です。

在籍確認はその人が職場として企業に申告した職場で本当に働いているかどうかという確認のために行います。職場もその人に安心してお金を貸すことができるかどうかというわかりやすい基準であり、その確認をしないということは、信用情報があまり審査に関係ないということを表しています。

大して信用できない人が相手でも簡単にお金を貸してくれる企業というのはどう考えても裏があるということはわかりますよね。安全にお金を借りるためにも在籍確認を行わない企業は利用してはいけません。

安心して利用できる企業はどんな企業?

0-75

やはり安心して利用できる消費者金融として挙げることができるのは、全国規模で展開していてテレビCMなども放映している知名度の高い企業です。このような企業は審査もある程度厳しいというデメリットはありますが、その分法外な金利を請求されることもありませんし、安心して利用することができます。

そのうえ、万が一毎月の返済が難しくなってしまった場合、企業の窓口に相談することで返済の期日を遅らせてもらったりと柔軟に対応してもらえます。返済計画に関しても気軽に相談に乗ってもらうことができるので安心して利用できると言えるでしょう。

このような企業は返済に関しても一応最初に契約した時に毎月の返済額を指定しますが、返済が苦しいときのために最低返済額が決まっているところが大半です。大体5000円から1万円程度となっているので、返済が苦しい時には最低額を入金することでその月の返済を乗り切ることができます。

このように返済が難しい人でもしっかり毎月返済ができるように配慮してもらうことができ、悪徳消費者金融を利用する前にこちらの企業に相談してみると良いでしょう。

もし利用してしまったときはどうすれば良いの?

0-84

もしどうしてもお金に困っていて悪徳消費者金融を利用してしまった場合はどうすれば良いのでしょうか。こちらに関しては一般的には自力で対処するのはほぼ不可能です。相手はお金に関する知識を持ったプロなので、素人が相手してもむしろ犯罪に巻き込まれてしまう可能性があり、危険な行為と言えます。

安全に対応するためにも、弁護士に間に入ってもらって対処するのが良いと言えるでしょう。所謂「ヤミ金」と言われている企業からお金を借りて、法外な金利での返済を要求された場合、それに対して返済をする義務はありません。

ですが、このような業者は返済をするまで電話をしつこくかけてくるのはもちろん、家や職場に押しかけて嫌がらせをしたり、自分どころか家族まで脅してお金を回収しようとします。そんな事態を避けるためにも法外な金利を請求されたらすぐに弁護士に相談するようにしましょう。

相手側も犯罪行為をしているという自覚はあるので、弁護士を間に挟めばすぐにヤミ金業者からの連絡が止みます。取り立てをしなくなるどころか、弁護士に依頼をすれば、元金を払ってしまっていた場合、それを取り戻すことも可能です。

弁護士に依頼するためのお金はかかってしまいますが、一番安全に解決することができる方法なので、この方法を選ぶのがおすすめと言えます。また、警察に相談するというのも一つの解決策です。警察に相談してしまえば、相手は逮捕されてしまうこともあるので、取り立ても止まります。

ですが、弁護士に依頼した時と違って、元金は戻ってこないのでお金を取り返したいのであれば弁護士が良いと言えます。